カネリョウメディア

SEA VEGETABLE

海藻の基本情報

ひとえぐさ

ひとえぐさ

ひとえぐさ

Monostroma nitidum

アオサ目ヒトエグザ科の海藻(緑藻)で、食用として、主に「海苔の佃煮」の原料として使われていますその食感は薄くやわらかいのでとても舌触りが良い。生のまま味噌汁の具などとして食べられることもあります。

ひとえぐさの栄養について

食物繊維やタンパク質、ミネラル類、ビタミンA、ビタミンB群などの栄養素をバランス良く含んでいます。ビタミンA、中でも美肌効果などのあるβ‐カロテンの含有量が高く、その量は海藻の中でもトップクラスです。

100gあたり エネルギー
kcal
タンパク質
g
脂質
g
炭水化物
g
食物繊維
g
食塩相当量
g
ひとえぐさ
(素干し)
172 16.6 1.0 46.3 44.2 11.4
ひとえぐさの種類

アオサ目の海藻の多くは、潮間帯上部でごく普通に、また大量に生育しています。そのため、古代より食用として利用されており、沖縄では「アーサ」と呼ばれています。一般に、「海苔の佃煮」として売られているのは、主に、ヒトエグサを原材料として使用しています。ヒトエグサは、三重県(伊勢志摩地方)、静岡県(浜名湖)の他、各地で養殖も盛んにおこなわれています。