カネリョウ海藻からのお知らせ。新商品情報やニュースリリースをお届けします。

「愛のカイソウ電車」発車! ラジオドラマ続編&YouTubeドラマ化 決定!

2019年05月30日

キャンペーン

海藻メーカーのカネリョウ海藻株式会社(本社:熊本県宇土市笹原町1544、代表取締役社長:髙木良樹)は、
創業50周年を記念して制作した熊本発のラジオドラマ「愛のカイソウ電車」を、反響につき映像化いたしました。
また、続編を2019年5月30日(木)、エフエム・クマモト「FMK RADIO BUSTERS」にて放送決定。
すべての作品は、YouTubeドラマとして公開されます。
「愛のカイソウ電車」発車! ラジオドラマ続編&YouTubeドラマ化 決定!
●「愛のカイソウ電車 #スピンオフ」

放送局:FMK エフエム・クマモト「FMK RADIO BUSTERS」
放送日:2019年5月30日(木) ※16:00台予定 ★radikoで視聴可能!


●YouTubeドラマ「愛のカイソウ電車」
視聴はこちらから!


熊本地震から3年が経ち、あのとき応援してくださった全国の皆さまに“今の熊本の元気”を伝えようと、立ち上がったこの企画。カネリョウ海藻は、宮城と熊本、二度の災害で被災したが、多くの支援や応援、そしてなによりも漁師の人たちが踏ん張ってくれたおかげで、2度の震災を乗り越えることができた。支えてくれた多くの人たちに恩返しをしたいという気持ちからこの企画は出発しました。

この思いに、熊本で活躍するタレントさん、そして地元メディアが連結。地元テレビ局で10年連続視聴率3冠王を続けているKKT熊本県民テレビ(日本テレビ系列)と、同じく地元のFMラジオ局のFMKエフエム熊本(ジャパンエフエムネットワーク加盟)がタッグを組みました。

出来上がった2話のラジオドラマは、2019年1月にエフエム熊本で特別番組として放送。反響につき、福岡を中心に地域ドラマなどを手掛けてきた石井久年監督のもと、動画での撮影も行われ、今回YouTubeドラマとして公開します。また、今回ラジオドラマ続編としてスピンオフ作品も制作、放送が決定しました。
「愛のカイソウ電車」発車! ラジオドラマ続編&YouTubeドラマ化 決定!
これを実現できた大きな要因の一つは、出演者の表現力。ドラマに出演するのは初めての地元のタレントさんたちが多い中、本読みの段階から台詞に強い思いを込め、お互いの言い回しにも意見を出し合いながら作り上げていった。こうして完成した台本の録音はスムーズだった。録音を始めたときから、すでに演者のチームワークが出来上がっていたためだ。力強い台詞を紡ぎあげ、できあがったラジオドラマは、強い熱を帯びた作品となった。


このチームの絆の強さは、映像の撮影でもおおいに発揮された。通常は、台詞にのせて表情やしぐさをつけて演技するのに、台詞を発することなく演技をしなければならない現場。しかし、演者さんたちは、すぐに感情移入でき、ラジオドラマの時の熱をそのまま表情で、表現することができたように見えた。映像が乗っかることで、さらに高い熱を感じられる作品が完成した。

そして、この作品の完成度を高めたもう一つの要因が音楽。この作品のストーリーをもとに書き下ろされた2つの曲が、作品の中に見る人を引きずり込んでくる。


見終わったあと、“きっと家族に会いたくなる作品”になっています。

是非、ご視聴下さい。